Cカードライセンスも二通りのランクがある、

Cカードライセンスも二通りのランクがある、

ダイビングの為のライセンススクールは全国に数多くあり、毎年多数のマニュアが資格、ライセンスを取得しています。 これは特に資格試験とか免許試験のようなものでは無く、講習によって取得できる許可制のようなものです。
たが、スクールによってそれに取り組む姿勢にバラツキがあるようで、手にするライセンスカードが同じでも、講習を受講するスクールによってその後のダイビングライフに大きな違いが出るとも言われています。 スクール選びは失敗しな様に心掛けることが必要で、それには誰もが信用のおけるスクールを選択する必要もあります。
又、ライセンスの為のダイバーコースと言うのは2通りあるようで、スキューバダイバーコースとオープンウォーターダイバーのことです。 コース終了時にはCカードライセンスが貰えますが、同じカードでものライセンスのランクが異なるとも言われ、これは潜れる深さや付添いの必要性などによって相違があるとされています。
伊豆ダイビングなら初心者ダイバー完全サポート/ダイブヒーリング

学科はちゃんと勉強しておきたい。

会社の先輩や同僚がライセンスを持っていたので、自然な流れでとることになりました。
今はアドバンスまで取得していますが、最初は何と言っても、オープンウォータです。
実技と学科があり、金額は4万円前後だったと思います。
実技は2日で計4ダイブをして、マスククリアや、レギュの使い方を実践で学びます。
試験といっても、慣れるための訓練みたいなものなので、ふざけたり、危険な行為をしなければ問題ないです。
意外と難しいのが学科です。教科書は結構分厚いです。
カテゴリーも多く、覚えることも結構多いです。
なので、一夜漬けというよりは、何日かに分けてちゃんと勉強することをお勧めします。
というのも、深海でなにか起きた時にどうするかなど、ダイビングは時と場合によっては、
かなり危険なこともあるので、真剣にやっておいて損はありません。
1回とってしまうと、体験ダイブとは違って、深度深く潜れますし、
貴重な体験ができるようになるので、持っていて損のない、ライセンスだと思います。